長崎くんち 麹屋町 川船ブログ

長崎くんち 踊町「麹屋町・川船」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

弘充日記 ~(((゜д゜;)))絶対に見てはいけません・・・~の巻

8月7日 晴れ

以前ダウンタウンの「ヘイヘイヘイ」にあるゲストが出演した時の出来事ある。

その日私はボケーっとしながら「ヘイヘイヘイ」を見ていた。

するとそこにいるゲストの一人が「趣味ですか?そうですね、ホラー映画など怖いのが超好きですね。」とニコニコしながら言った。

すると「ということで心霊映像best3をお見せします!!」とのことだった。

ボーっとしながら「どうせヘイヘイヘイやけんそんな怖くないやろ・・・。」と甘い考えで一人つぶやきながら映像を見ていた。

私はこの後知ることになるこの・・・この・・・この恐ろしい映像を見てびっくりした・・・。

しょんべんちびりそうでした・・・。(((゜д゜;)))

まさかこんなに怖いとは思わなかった。(TOT)

その日の夜、シャワーが怖かった・・・。

シャンプーしてる時誰か後ろにいないかドキドキしながら髪を洗っていた・・・。Y(>_<、)Y

体を洗うときなんか、首を回して辺りに何もないか確認しながら鼻歌歌って自分を奮い立たせ、思い出す恐怖映像と戦いながら怖さを紛らせた・・・。(☆o☆)

夜中にオシッコ行きたいけどどうしようかと悩んでしまうくらい怖かったとです・・・。(TOT)

その映像がyou tubeにありました・・・。

言っておきますが、心臓が弱い方、怖がりな方は見ないで下さい。

マジで怖い映像です。(@_@)

この映像が脳裏から離れなくなりますから・・・。ヾ(≧∇≦*)ゝ


私自身、久しぶりに怖い心霊映像を見ました。


それでもこの映像を見たか方はコチラへどうぞ・・・


マジでこわかぞ!心霊映像best3

見た方はコメントをどーぞ。ヾ(≧∇≦*)ゝ


弘充
スポンサーサイト
  1. 2008/08/07(木) 14:51:10|
  2. 弘充日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<弘充日記  ~『残響』福山雅治の思いとともに8月のサイレンの巻~ | ホーム | 弘充日記 ~今年も夜市があるよー(^^)の巻~>>

コメント

平成20年練習予定

始めまして。平成20年踊り町・
榎津町のトンペイです。
先日 中央公園に来られて、今年の
練習予定を聞かれた方は
弘充さんだったのでしょうか?
(違ったらこの後の文章は無視ください)
良かったら、メアドをお教えください。
探しきれませんでしたので・・
チナミに、今年の予定は、銀屋町さんの
HP上にもあります。
  1. 2008/08/08(金) 11:06:38 |
  2. URL |
  3. トンペイ(榎津町広報部) #-
  4. [ 編集]

DVD

 麹屋町の皆様、師走お忙しくされていらっしゃることでしょうか。
 お陰様で先日我が家にDVDデッキが入り、
約20年前から使っているVHSビデオデッキが暇になりました。
 すごいカルチャーショックです。
 以来、麹屋町さんの2枚組みDVDが毎日ON AIR、
次男が網打ちに長采に根曳きに忙しく、
踊馬場であるテレビの前だけがなぜか片付いています。(^_^;)

 麹屋町さんのDVD、
後日に帰町したときの模様が入っていないのが残念です。
自治会長さんの感極まったご挨拶を
プロショットのカメラマンさんが撮られていたように記憶していますが…。

 次男の「ヨヤセしてぇ。」「ヨヤセ、チリチンしてぇ。」リクエストが毎日あり、
師走はお坊さんが走る季節なのに、
部屋では次男が走り回っています。
 二歳の次男は、お囃子も完璧です。
 「サー、ヨオイヤサ、ジンジンジン、」
 網打ちの前は「ヨー、ヤーセ!」と決めます。
兄貴と一緒に次のくんちに出してもらえるよう、
麹屋町さんにお引っ越ししなければなりません。(^-^)!

 それにしても、DVDを何度も見ていると、
前日の踊馬場が一番飽きませんし面白いと感じています。
 特に野次が面白く思います。
 これはNBCさんの放映でも聞けません。
 網打ち前の長采の表情が正面からクリアに写っていて、
鼻筋がすっと通り、キリリとした面持ちが彦山からのお日様をまぶしく浴び
気合と緊張感がとても伝わってきます。
 そこへ「ワ○ベー!」
タイミング良い野次に気持ち良くなります。
 また、「帰さんぞ~、帰さんぞ~!」とガラの悪そうな野次が
くんちの生々しさを伝えてくれてとても面白くなってきます。
 網打ちの後、船廻しに入るところ、
大太鼓をドン、 ドン、 ドンと打ち、
「ヨヤセ!」と根曳きの掛け声が始まる流れで
「ワァア~」と歓声が次第に大きくなるところは鳥肌が立ちます。
 いいですね~。

 次男は、船が登場するところで
たどたどしく「総監督!」と画面を指して言います。
 あと六年ですね。
 前回も地道な活動や調整の大変な思いから
あの奉納があったことと存じます。
 僕はいつもこの麹屋町日記を読ませてもらうことでしか
皆さんの活動を知り得ないのですが、
 DVDを観ていると、また次も期待してしまいますので、
次回まで長い積み重ねを要すると思いますが
皆さんがどうか頑張れますように。
 皆様、どうか良い新年をお迎えになられますように。
  1. 2008/12/10(水) 04:45:24 |
  2. URL |
  3. 片渕太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koujiyamachi.blog112.fc2.com/tb.php/205-94272429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。