長崎くんち 麹屋町 川船ブログ

長崎くんち 踊町「麹屋町・川船」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しぶりの賢二日記です!!! ~男?を磨くため旅に出るの巻~

久しぶりの賢二日記でございます。

それでは皆様よろしくどーぞ!

以下賢二日記スタート!!!


【出発数日前:長崎】

「最近、人生を戦っているか?男を研いているか?」
何かのきっかけでふと思い立ち、自分に問いかけた。

考えてみれば確かに日々漫然と、ぬんべんだらりと過ごしているのかもしれない。
ここのところ男を研くのを怠っていた面があったかもしれない。
よし、そんな自分に活を入れるためにも、ゴールデンウイークは一人、男を研く旅に出よう。
どこに行くとも決めないうちに、僕の足は旅行会社に向かっていた。

ゴールデンウイークでもまだ満席になっておらず切符がとれる行き先がいくつかあったうち、僕はベトナムを選んだ。
何故なら候補のうち一番南だったからである。
僕は暑さに弱い。
その暑さに打ち勝って男を研くのだ。



切符を購入し、いよいよベトナム7泊8日、帰りに乗り継ぎの都合で香港に1泊、計8泊9日の男を研く旅の始まりだ。
(普段は「~です」「~ます」調で文章を書く僕だが、男を研くという主旨から、「~だ。」「~である」調で綴ることにする)



【1日目:長崎~ベトナム・ホーチミン市】
朝4時半に起き朝食をとって長崎駅前バスターミナルへ。
高速バスで2時間半、朝8時に福岡空港に到着した。
連休だけあり、人でごった返していたが、比較的スムーズにチェックインと出国手続きを終えることができた。
ここで携帯から
「今から男を研く旅に出ます」
と「弘充日記」の弘充へ宣言メールを送信した。

これで後戻りはできない。
9日ずっとホテルでじっとしていました、なんてことは許されない。
自ら逃げ道を絶つ。男を研く第一歩である。

朝4時半に早い朝食をとって以来なにも口にしていない。
小腹が空いたので空港の待ち時間に早めの昼食をとる。

10時50分、いよいよ飛び立つ時間だ。
台北経由香港行きに乗り、香港でベトナムはホーチミン市行きに乗り継ぐ行程である。
みなさん、僕はしばらく旅に出て男を研きます。
しばらく日本をよろしくお願いします。
心の中でそう唱え、飛行機に乗った。

20090501153829001べ1

台北に向かう飛行機の中で、機内食を食べ、2時間ぐらいで台北空港に着いた。
ここで1時間少々の待ち時間である。
空港内とはいえ、男を研く旅で最初に降り立った土地で、この待ち時間を漫然と、ぬんべんだらりと過ごして無駄にはできない。
何か台湾を堪能しなくては・・・。
台湾らしい何かを探して空港内を小走りしていたところ、水餃子の店を見つけた。
これだ!
水餃子を一人前注文した。
10個で3$(約300円なり)

短い時間で台湾を堪能した後、飛行機に乗り込み、香港に向かう機内でも機内食を食べる。
ん?まだ昼過ぎですでに今日5食・・・!
そして香港到着。

テレビや雑誌でよく目にする高層ビル群だ。
うわぁ、本当に香港だ。

香港からベトナムはホーチミン市行きの飛行機に乗り換える。
ホーチミン市行きの飛行機の隣の席には、名古屋から来たという日本人の旅行者がいた。
機内食を食べながら談笑。
空港から町の中心部までタクシーを乗り合わせませんかとの申し出があり、快諾した。

いよいよホーチミン市のタンソンニャット空港に到着。

空港の中までは、航空券を持っている人達だけの、言わば安全地帯だが、ここから一歩出ると、もはや待ったなしの世界だ。
真の男を研く旅はここから始まると言っても過言ではない。

タクシーでホーチミン市の中心部へ。
ホーチミン市の中心部。
名古屋から来た日本人の彼と夕食を共にする。

20090501224939be3.jpg

20090501123600001be2.jpg

20090506234426be4.jpg

サイゴンビールを片手に。テーブルにあるのは春巻き

彼と別れ、ホテルに戻るべく歩いていると、屋台のいい匂いが。
いいにおいだなと思っていると、僕に気づいた屋台のおばちゃんが手で座れと合図を。

ついふらふらと引き寄せられ座ってしまった。

ベトナム風(?)混ぜご飯だった。
うまい。
本当にうまい。
たしかにうまいが、なんだかんだでもう今日は8食目、ややアップアップだ。
しかし、屋台に座った以上、残さず食べなければ失礼だ。
礼を欠いては研かれた男とは言えないだろう。
また、異国に圧倒され、環境の変化で食欲をなくすようではこれから男を研くなどできるはずもない。頑張って食べる。

屋台から写した街の中心部
ここらへんは旅行者が集まるエリアで、ホテルやレストラン、旅行会社が立ち並ぶ。
夜遅くまで賑わう。

お腹をパンパンにさせてホテルに戻った。
今日の男を研く旅はここまで。

真の男を研く旅は明日から、かもしれない。

(つづく)


賢二様
賢二日記ありがとうございました。
ベトナムは本当にびっくりしました。
それも今新型インフルエンザの真っ最中にいかんでも・・・(^^;)
町内みんなに感染したらたしかに「さすがは麹屋町やな・・・」と話題になるやろうね・・・
ということで・・・
皆様いかがでしたか?
今回彼が私に送ってくれたメールはみんなにも同じメールを出しているとばかり思っていたのに・・・
何故? 私にだけ・・・? ドキドキ~笑
まあ、なにはともあれ、賢二さま~ありがとうございましたー
それと、無事に帰ってきてお疲れ様。
連続小説はまた次回へつづきますー
弘充

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2009/05/11(月) 19:25:34|
  2. 弘充日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<賢二日記 ~賢二放浪の旅の巻~ その2 | ホーム | 弘充日記 ~片淵さんコメントなりの巻~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koujiyamachi.blog112.fc2.com/tb.php/250-2e1f734d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。