長崎くんち 麹屋町 川船ブログ

長崎くんち 踊町「麹屋町・川船」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

賢二日記 ~3日目:ニャチャン~

【3日目:ニャチャン】
男を研く旅では寄るつもりがなかったリゾート地、ニャチャンで一泊してしまった。

日本にたとえるなら東京から京都に行くつもりが熱海にいるような感じだ。

男を研くためにも、早く目的地に向かわなくてはいけない。

夕方のバスの出発まで時間がある。

仕方がないので、男を研く旅ではあるのだが、ちょっと休憩し、ビーチでゆっくりすることにした。

200905031234261.jpg

200905031234582.jpg

200905031423153.jpg

長さ7kmの砂浜はとてもきれいだった。

しかし、ビーチでゆっくりするとはいえ、一人旅なので、貴重品を肌身離さず持っておかないといけないので、泳いだりはできない。

水かけっこなども相手がいないため、できない。結局、デッキチェアに寝ころんでくつろぐぐらいしかすることがない。

まあ、それでも、素晴らしい海の景色を見ながら、波の音を聞きながらくつろぐのは贅沢な一時だった。

前日の寝台バスで片方だけ日焼けしたので、寝返りをうって、主にその反対側を焼いた。

束の間のバカンスを楽しんだ。

さあ、バスに乗って目的地に向かうぞ。

しかしここから意外な展開に。

夕方、ホテルをチェックアウトしてロビーにいたところ、ロビーにいた宿泊客の家族のうちの若い男性に声をかけられた。

彼は日本語で話しかけてきた。

「あなたは日本人ですか?」

「はい、そうです。」

「私はベトナム人ですが、東京で働いています。」
「へえ、そうですか。里帰りですか?」

「いや、実は結婚するんです。嫁がニャチャンの出身なのでニャチャンに来ています。」
と、奥さんを紹介された。

奥さんも結婚後、日本に住むために日本語勉強中だそうだ。

「それはそれは、おめでとうございます。」と、話していたところ、
「明日18時から披露宴なんですが、もしよかったら、来ませんか?」
と言われた。

ビックリした。

そんな簡単にお呼ばれしてよいものなんだろうか。

「え?本当に?」

「はい、本当に。ぜひ来てください。」

次の目的地に行って観光をするつもりだったが、せっかくのお誘いだ。

バスをキャンセルし、ホテルを延泊することにした。
(つづく)



賢二日記まだまだ続きます。
これまた意外な展開になってまいりました~
次回をお楽しみに~弘充
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
  1. 2009/05/21(木) 09:03:40|
  2. 弘充日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<賢二日記 ~おとこを研く旅に出るのぞ(その4)の巻~ | ホーム | 賢二日記 ~賢二放浪の旅の巻~ その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koujiyamachi.blog112.fc2.com/tb.php/252-845896f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。