長崎くんち 麹屋町 川船ブログ

長崎くんち 踊町「麹屋町・川船」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

賢二日記 ~おとこを研く旅に出るのぞ(その4)の巻~

【4日目:ニャチャン】
昨夜、意外な展開でベトナム人夫婦の披露宴に招待されてしまった。

快く出席の返事をしたものの僕は旅行にジーパンとTシャツしか持ってきていない。

男を研く旅にはラフな服装で十分だと思ったからだ。

というわけで、失礼にならないように、朝から町の中心部の市場に襟付きのシャツとネクタイを買いに行くことにした。

タイムリミットは今日の夕方だ。

街のど真ん中にあるダム市場。とても大きな市場だ。

1.jpg

日本にいるときには僕は市場には滅多に行かない。

市場に滅多に行かない僕が、これから、異国の地で、海千山千の商売人と渡り合って、シャツとネクタイを手に入れる。

これも、きっと男を研くことにつながるに違いない。

市場に踏み込んだ。

すごい活気だ。

2.jpg

3.jpg

品物に値札は付いていない。交渉で決まるようだ。

いいものを安くで買って男を研かなくてはならない。

洋服屋を探す。

あった。

立ち止まり、襟付きのシャツを探した。

なかなか気に入ったのが見つからない。

ふと、観光客向けのTシャツが目にとまり、つい、手にとって眺めてしまった。

すると、すかさず店員が駆け寄り、僕は電卓を持たされた。「いくらで買うか?」

と訊いているようである。

買うつもりがないのでいやいやちがうちがうそんなつもりじゃないと身振り手振りで表現しても電卓で買い値を打てと迫られる。

仕方なく電卓を打つ。

向こうもそれに応えて売り値を電卓で打って僕に見せる。

なんかめちゃくちゃ高い!

そんなのイヤだと身振り手振りで示す。

また、電卓で値段を打てと迫られる。

・・・・

・・・・・

・・・・・・・結局、つい、買ってしまった。


4.jpg


買うつもりのなかった、「タイガービール」と書かれたTシャツを。

今度はもう失敗しない。

買うものだけに集中するぞ。

別の洋服屋で白いワイシャツを見つけた。

今度はどうにかワイシャツをゲットした。

きっと海千山千の商売人と押し切られ気味ながらも渡り合ったと思う。

僕って、短い時間で成長したなと思った。

次はネクタイだ。

ネクタイのある店を探す。

見つかった。若い女性二人で店番している店だ。

この際、さっき買った白のワイシャツを見せて、これに合うネクタイを探している旨を身振り手振りで伝えた。

海千山千の商売人2人束にして押し切られ気味ながらも頑張ったと思う。

ネクタイ一本いくらというところまで話をつけることができた。

あとは柄選びだ。

これがいいや。

明るいグレーのネクタイを選んで手にとったところ、店員二人そろって、苦虫を噛み潰したのかというくらいすごいいやな顔をして首を横にブルブル振った。

僕は良かれと思ったのだが、二人にとってはとてつもなく趣味が悪かったようだ。

ネクタイを買うところまでは決まってるんだし、ここまで僕のセンスを否定しなくても・・・・と思ったが、地元のヤングのセンスを信じて、グレーのネクタイの代わりに勧められたオレンジ色の縞模様のネクタイを買うことにした。

5.jpg

これは地元のヤングのセンスを信じただけで、決して海千山千の商売人に押し切られたわけではない。

買い物としては成功なんだ。自分に言い聞かせた。

朝出掛け、買い物を終えて気がついたら3時すぎだった。もうすぐ夕方だ。

買ったばかりのシャツに袖を通していよいよ披露宴だ。

(つづく)

ぬぬ!!
酒好きなだけにTシャツはタイガービールとはやるねー
なんだかドラゴンボールの旅みたいに賢二様は面白い方向へいっておりますな~
まだまだ賢二日記はつつくとばいー
弘充
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2009/05/23(土) 08:59:03|
  2. 弘充日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<賢二日記 ~ー人生最大のピンチ!!の巻~ | ホーム | 賢二日記 ~3日目:ニャチャン~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://koujiyamachi.blog112.fc2.com/tb.php/253-328c11a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。